トーマス初めてベランダに登場、初走行 
機関車トーマス出発進行
半径 1 m の周回コースです。
下のパネルは、45 x 45 cm のもので、だいたい 240 x 240 cm のスペースがトーマスを走らせるために必要でした。購入したキットにはまだ、半径 2 m のレールが 1 周分と 1.5 m の直線が 4 本ありますが、それらは貸し倉庫においてあります。こども達には「新しいお家を買って線路ひこうね」て言われています。
2004/3/22  トーマスに初乗車。
まだ色の塗っていませんし、車止めもありません。でも、トーマスであることはわかってくれているみたいです。
トーマスの顔は私の母に機関車トーマスのDVDと大きさを合わせた円形の木材を渡し、掘ってもらいました。掘ってもらって何ですが、もう少し立体感が欲しかったと思っています。
鯉のぼりとトーマス
ツツジがきれいに咲いているベランダで今日も、トーマスに乗る長男です。結構、気に入ってくれて、満足です。
ベランダに鯉のぼりを飾ってみました
鯉のぼりを見ては、「お、お」と声をかけています。
長女のために作り始めて約 2 年。ベランダが少し傾斜しているので、下りで加速してしまいます。それを怖がってなかなか乗ってくれない長女でした。 もともと長女のために作り始めたので、やっと乗ってくれてよかったです。 一番手前の写真は、トーマスの上物部分がほぼ完成したところです(2003/12)。この後、台車の作成に取りかかりましたが、これが意外に苦労し、3度作り直しました。
プーさんのプールとレール
偶然ですが、半径 1 m の曲線レールの中に、すっぽり”プーさんプール”が入ってしまいます。
子ども達は非常に喜ぶプールですが、まずふくらますのが大変です。
深く、大きなプールと思って買ったのはいいのですが、水も沢山必要です。貯まるのに2時間ぐらいかかってしまいます。父は近所のこともかえりみず、朝 7 時にプールの用意をしています。
次に大変なのは、後かたづけです。
夕方蚊に刺されながら、空気を抜き、水を抜きます。水が非常に多量なので、気を遣ってはいるのですが、いつも隣の家のベランダも水浸しにしてしまいます。