トーマスの側面です。
モーターは後輪の後ろで、後輪駆動です。バッテリーも後輪に荷重がかかるようにかつ収まりのいいようにしましたが、このままでは加速時に前輪が持ち上がってしまいます。前輪に3kgの鉄アレイを乗せ、バッテリー前にも鉛ブロックを乗せて走らせています。
真ん中の動輪は、一点固定で可動式になっています。また、高さの上でも線路から少し浮いています。
車軸を固定具の位置(車輪の内外)で、車軸の固定度がだいぶ違うようです。乗車用貨車ではあまり気にしませんでしたが、トーマスの場合は、ねじ穴が大き過ぎたり、固定具同士の幅が不十分だったりすると前輪、後輪の車軸がねじれの位置になったりしていました。
台車は3回作り直しました。
バッテリーと鉛ブロックの関係です。。
屋根を閉めたところです。ぎりぎり収まっています。